気になることが多すぎるから楽しくなる

旬の話題やスポーツ、芸能、こだわりたい話題を楽しんで書いています

新型コロナウイルス 症状は個人差があるようです

 

中国武漢発の新型コロナウイルス

症状はさまざまで無症状のまま難を逃れる人も多い

ただ軽症扱いでも熱が40℃近くあったり、背中にとんでもない激痛が走ったりと新型コロナウイルスと言っても症状には個人差があるようです。

 

過去の新型コロナウイルスに罹った方の症状をニュースからピックアップ

 

新型コロナ「無症状の人の会話でもウイルス拡散」大声が危険 やはりマスクだ(動画) | ハザードラボ

 

40度でも軽症扱い…感染者語る「インフルのほうが30倍マシ」(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

コロナ 注意すべき症状と経過 - Yahoo!ニュース

 

新型コロナウイルス感染症まとめ - Yahoo! JAPAN

 

「肺に白い影」医師も驚愕…原因はまさかの“過剰コロナ対策”(FNN PRIME) - goo ニュース

 

【医師直伝】間違いだらけの新型コロナウイルス〜いま日本人が知っておくべき6つのこと。 - 南日本ヘルスリサーチラボ

 

 

 

 

新型コロナウイルスで役立つ情報をまとめてみた

中国武漢発の新型コロナウイルスが蔓延中

 

未知なるウイルスのため、どの情報が正しくてガセなのか手探りの状態が続いています。

 

少しでも有益な情報をお探しの方に現状の情報を発信してみたいと思います。

 

まずは消毒・除菌方法として

 

・ アルコールによる消毒

 

・ 次亜塩素酸ナトリウムによる除菌 ※ハイターやドメストなどに含まれる成分

 

・ 次亜塩素酸水 ※サライウォーターウイルバスなどに含まれる成分

 

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は名前が似ていますが成分はまったくの別物ですので取り扱いの際は注意が必要です。

 

間違えたら危険 次亜塩素酸ナトリウム 次亜塩素酸水 違い」にも書かれているように次亜塩素酸ナトリウムは人体に有害な成分ですので消毒の際はしっかりと水拭きが必要です。

 

一方の次亜塩素酸水は食品添加物に指定されている除菌水ですので間違って食品にかかっても安全な除菌水です。

 

赤ちゃんが口にいれるオモチャなどを除菌するのには次亜塩素酸水で除菌した方が無難かも知れません。

 

消毒液、除菌剤ともに品切れ・品薄状態が続いていますので代用品も出てきていますのでそれらの商品も活用しましょう。

 

・ 感染しても無症状や軽症が約80%ですが高齢者や持病のある方は重症化しやすい

 

・ 軽症といっても症状は千差万別、侮ってはいけない感染症です

 

・ 若い方が重症化するケースとして免疫が暴走するサイトカインストームの場合が多い

 

・ アルコールが無くても中性洗剤の界面活性剤の効果も期待できる

 

その他、新型コロナウイルス感染症に役立つ情報をいくつか掲載していますので参考にしてください。

 

マスク不足いつまで 賢く買うなら予約が一番

 

次亜塩素酸水の希釈濃度の作り方

 

次亜塩素酸水を使う目安

 

アルコールの効かないウイルスとは

 

新型コロナウイルス 緊急性の高い症状とは : ウイルス予防の除菌剤まとめ

 

 

 

苫小牧CCS その後 圧入と停止を繰り返す

地震の懸念がありながら延々と続く苫小牧CCS

 

今までの苫小牧CCSの圧入と停止の繰り返しや胆振東部地震との関連は以下の通り

 

日本CCS側の発表ですが一道民としては「地震が起きたら中止」という覚書も必要なのではと思っています。

 

苫小牧CCSは30万トンの圧入を予定しており圧入量の推移はホームページで調べることができます。

 

2019年10月30日
二酸化炭素の圧入を10月30日(水)から再開致しました


2019年10月10日
分離回収設備の不具合により、二酸化炭素(CO2)の圧入を一時的に停止しました


2019年09月13日
北海道胆振東部地震のCO2貯留層への影響等に関する検討報告書」を更新しました。(2019年8月30日付第二版)


2019年09月10日
二酸化炭素の圧入を9月10日(火)から再開致しました


2019年08月23日
8月23日(金)二酸化炭素を含有するガス供給元の都合により、一時的に二酸化炭素の圧入を停止しました


2019年07月25日
当社施設ならびに二酸化炭素を含有するガス供給元の定期保全工事に伴い圧入を停止しておりましたが、7月24日に二酸化炭素の圧入を再開致しました


2019年06月04日
当社施設ならびに二酸化炭素を含有するガス供給元の定期保全工事に伴い、圧入を停止しております。再開は7月下旬の予定です


2019年05月08日
二酸化炭素の圧入を5月8日(水)から再開致しました


2019年04月19日
4月19日(金)二酸化炭素を含有するガス供給元の都合により、一時的に二酸化炭素の圧入を停止しました


2019年03月29日
二酸化炭素の地中への圧入期間の延長について
経済産業省は、累計30万トンの二酸化炭素の圧入達成に向け、
2019年度も二酸化炭素の地中への圧入、貯留を継続することになりました。
当社では今後も引き続き、地域の皆さまや関係自治体及び機関などのご理解とご協力を頂きながら、
安全最優先で本事業を進めてまいります


2019年02月22日
2019年2月21日(木)21時22分、胆振地方中東部を震源とする地震が発生しましたが、CCS実証試験の全設備に異常がないことを確認し、安全に操業を継続しています


2019年02月20日
二酸化炭素の圧入を2月19日(火)から再開致しました


2019年02月12日
2月8日(金)原料ガス受入設備と自家発電機の点検整備のため、一時的に圧入を停止しました


2018年12月27日
二酸化炭素の圧入は、12月27日(木)から再開致しました


2018年11月21日
北海道胆振東部地震のCO2貯留層への影響等に関する検討報告書について
北海道胆振東部地震発生時における「苫小牧におけるCCS大規模実証試験」の現地での対応状況と、地震による影響、地震との関係などについて、本地震の発生を踏まえ10月19日(金)に開催した「苫小牧CCS実証試験に係わる課題検討会」において広く専門家の方々からいただいた意見等の議論概要をまとめましたので公開致します。
なお、地震発生前の9月1日(土)よりCO2含有ガス供給元(製油所)の都合により、二酸化炭素の圧入は停止中です。供給元の稼働が安定し供給条件が整い次第、CO2含有ガスを受け入れ、圧入を再開する予定です


2018年09月06日
2018年9月6日(木)午前3時8分、胆振地方中東部を震源とする地震が起こりましたが、CCS実証試験の全設備には異常がないことを確認致しました。 なお、地層への二酸化炭素の圧入については、9月1日(土)より、供給元の都合により停止しています

 

2018年08月20日
8月18日、CO2の地下への貯留量の累計が20万トンに到達しました


2018年07月26日
当社施設ならびにCO2ガス供給元(製油所)の定期保全工事に伴い圧入を停止しておりましたが、7月25日、二酸化炭素の圧入を再開しました


2018年05月25日
当社施設ならびにCO2ガス供給元(製油所)の定期保全工事に伴い、圧入を停止しております。 再開見込みは7月下旬です


2018年01月09日
二酸化炭素の圧入は、1月6日(土)から再開致しました


2017年12月01日
二酸化炭素の圧入は11月30日(木)計画停止致しました。圧入再開は1月初旬を予定しています


2017年11月13日
11月12日、CO2の地下への貯留量の累計が10万トンに到達しました


2017年09月19日
原料ガス受け入れ設備の点検整備により二酸化炭素の圧入を停止しておりましたが、9月16日(土)に圧入を再開しました


2017年08月16日
原料ガス受入設備の機器不調に伴い、点検整備のため一時的にCO2圧入を停止しています


2017年07月14日
当社施設ならびにCO2ガス供給元(製油所)の定期保全工事に伴い圧入を停止しておりましたが、7月13日、二酸化炭素の圧入を再開しました


2017年05月25日
当社施設ならびにCO2ガス供給元(製油所)の定期保全工事に伴い、圧入を停止しております。再開見込みは7月上旬です


2016年05月25日
当社施設の法定点検・保全工事ならびに、CO2ガス供給元(製油所)の大規模保全工事に伴い、圧入を停止しております。再開見込は8月上旬です

CO2がもたらす人体への影響とは

地震との懸念が疑われる中、粛々と苫小牧CCSへの圧入が進んでいますね。

 

まぁ個人的には実用化して欲しくない国策のひとつなのですが

 

CO2削減の切り札とも言われているので事態を見守るしかできない一国民。

 

ですが一番の懸念であるCO2漏れでも起こしたら人の体にどんな影響が出てくるかはあまり知らされていないようです。

 

室内でCO2漏れの原因というとキッチンのガスコンロ、ファンヒーターストーブなどがあります

 

CO2濃度が上昇すると倦怠感や眠気、湿気、IAQの問題が発生します

 

またCO2濃度は測定計以外では検知できません。

 

空気中のCO2濃度の比較

250-350ppm 大気中の通常濃度

250-1000ppm 換気が十分なされている屋内の通常数値です

 

2000-5000ppm 換気の悪い部屋

頭痛、眠気、倦怠感、注意力散漫、心拍数増加、吐き気

 

5000ppm以上 作業場所としての限界値

 

>40000ppm以上 酸素障害の誘発、脳へのダメージによる昏睡、最悪死に至る。

 

以上のような結果がCO2漏れによる人体への影響です。

 

日本CCSによるCO2圧入実験の実用化は2030年と言われていますが苫小牧CCSで30-40万トンの圧入量

広島県や福岡県の発電所では2020年度までに運転を開始する予定になっています。

 

地中に帯水層と呼ばれる地層を持つ構造がCO2の貯留に適していると言われており日本では苫小牧の他に東京湾、伊勢湾、大阪湾、九州北部にも帯水層が分布されており、大量のCO2を貯留できる可能性が高い

苫小牧ではご存知のように地震が発生したため是非とも中止していただきたいのですが、因果関係を調べることもなく粛々と圧入は続いています。

 

www.itmedia.co.jp

 

newswitch.jp

 

www.ailab7.com

 

 

 

2019年の日本国際賞で受賞したCO2削減法とは

温暖化対策でのCO2削減、長岡CCSや熊本CCS、大規模な苫小牧CCSなど実証実験が進んでいるようですが、2020年には実用化を目指しています。

 

2019年の日本国際賞で受賞したラタン・ラル特別栄誉教授のCO2削減対策は「不耕起栽培法」という自然の摂理に基づいたCO2の削減方法だ。

 

日本国際賞の存在も知らなかったし「耕さない農業」がCO2削減に繋がることも初めて知った。

 

この土壌を耕さない農法のメリットとしては

 

・ 土壌の質が肥沃される

 

・ 大気中の二酸化炭素を減少させる

 

・ 持続可能な開発目標にも大きな影響がある

 

CO2を地中深く圧入するCCS技術と違い不耕起栽培法による炭素固定は自然のプロセスを使います。

 

地中深く、ある意味、強引に圧入を繰り返すCCS技術は地盤の選定が必要不可欠だと聞く。

 

つまり脆弱性のある土地や地震多発地帯では不向きの技術のようなのだが、相変わらず圧入は繰り返されているようです。

 

では不耕起栽培法ではどのようなプロセスを利用するのでしょう

 

植物や作物の生育にともないCO2から炭水化物を作ります。

 

植物は当然枯れます

 

枯れた植物は土壌に残ります

 

微生物により腐食がおき炭素が取り込まれる

 

この状態は地中表面の30cm~50cmていどで起きる

 

なんだか理科の勉強のようですが腐葉土が作られる過程でCO2が固定されるようですね。

 

CCS技術のように地中に圧力をかけることもありません。

 

ただ問題なのは不耕起栽培法は「時間がかかる」という欠点もあります。

 

土壌の改善ですから膨大な時間がかかり安定した収穫を早くあげたい場合は従来の栽培法が良い

 

その他の不耕起栽培法のデメリットとしては

 

・ 農地を耕さないことで作物に病気が広がる可能性もある

・ 作物がうまく成育しない可能性もある

・ 日本の農家で不耕起栽培法を実践している農家が少ない

 

不耕起栽培法のメリット

 

・ 土壌が改善される

・ 養分過多による病害被害を抑えれる

・ 食物の根や茎が強く丈夫になる

・ 農作業の労力を減らすことができる

 

個人的には農地の多い北海道でCO2削減を目指すならCCS技術よりも不耕起栽培法が良いと思うのですが農家さんにしてみれば死活問題になるかも知れませんね。

 

自分の畑から害虫が発生すれば周りの農家さんからの苦情も出てくるだろうし

作物の収益も確保しにくくなるかも知れません。

 

ただ問題がCO2削減となると、このような自然の摂理にそった栽培法も国策でカバーして欲しい、というのが本音。

 

アメリカやイギリスでCCS技術を導入しない理由の一つして土地の選定が難しいこととプロジェクトに莫大な費用が必要になることがあげられています。

 

しかも地震多発国である日本においては誘発地震の懸念も指摘されているようです。

 

CCS技術はスバラシイ技術ですので日本でも比較的地盤の強い場所に限定し実用化し北海道など農地の多い地域においては自然なプロセスの不耕起栽培でCO2削減を目指してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧CCS 地震への影響

この度は弊社ホームページにお問い合わせをいただきまして

ありがとうございます。

 

CCSを行う場合、事前に地層の調査や評価を行い、安定した地層を選定しさらにその地層が破壊されない条件を把握致します。

このような準備を行い、断層帯を避け、COが浸透しやすい地層(貯留層)に、地層を破壊しない条件を維持してCOを閉じ込めているので、CCSによって地震を誘発することはないと考えられております。

また、苫小牧におけるCCS実証試験においては、経済産業省による「CCS実証事業の安全な実施にあたって」および、「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律」を踏まえて取り組んでおります。

微小振動・自然地震のモニタリングの結果、温度圧力も含めてこれまで異常データは観測されておりません。

 

ご連絡が遅くなり申し訳ございませんでした。

また、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

よろしくお願い申し上げます。

 

日本CCS調査株式会社

 

 

北海道のエネルギーを統括している北海道道庁ではどのような対応なのでしょう

 

苫小牧CCSのパネル展が盛況だったようですが・・・

 

CCS技術に関しては北海道経済部環境・エネルギー室というところが対応部署のようです

メール本文

CCS技術と地震との因果関係については、専門的・技術的な内容であり、
苫小牧でCCSの実証実験を行っている国立研究開発法人新エネルギー・
産業技術総合開発機構(NEDO)又は事業委託先の日本CCS調査株式会社へ
お問い合わせください

 

地震との因果関係については道庁では調べてないようですね。

 

知事も新しくなり、それどころではないのか・・・

 

ただNEDOという開発機構がある、ということが分かっただけでも収穫なのかも知れません。

 

NEDOのホームページはこちら → 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

 

まぁ私どもとしては地震の懸念があるかないか、プロジェクトの見直しがあるかないかを知りたかったのですが、たらい回しにあったような、責任転嫁されたような気持ちです。

 

 

2019年6月4日 圧入停止、再開は7月下旬予定

 

って、いつまでダラダラと圧入を繰り返すのでしょう。

 

 

yahoo検索などで「苫小牧・・・」「CCS・・・」と検索すると「地震」と出てくるくらい注目度の高いキーワード

 

「いつもの地震と何か違う?」と感じながらも「自然現象かぁ」と思っていたのですが

 

前首相の鳩山さんがツイートしたことで俄然、注目度がアップした

 

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

北海道の苫小牧CCS

 

CO2の圧入の実験段階のハズが、まだ圧入を続けているという。

 

メディアも話題にしない、同庁ではパネル展が開かれる盛況ぶり

 

ただ、道民の方は明らかな地震の質の違いに戸惑っているのではないでしょうか。

 

完全な直下型のズドンという突き上げる地震である。

 

前回の圧入時期と地震が重なったため因果関係を懸念する方も増えているのですが、今回、5月8日に圧入を再開したという丁寧なご案内。

 

日本CCS側の言い分では・・・

 

今回の胆振東部地震で施設への影響はなくCO2漏れもありませんでした。

 

よって今回の再圧入ということになっているようですが、「何かが違う?」

 

本来、CCS技術と地震の懸念は世界の常識と言われ「場所の選定」は大事な工事のはずでは。

 

しかも苫小牧CCSの近くの厚真町では、すでに地震が発生して大きな被害が出ています。

 

であるならば、地震が多いこの時期に、わざわざCO2の圧入の再開は無理があるでしょ?と思うワケ。

 

何ゆえに、そんなに急いでCO2の圧入を急ぐのか? 実験段階でしょ?

 

と素人考えには思うのですが2020年の実用化を目指しているようです

 

実際に地震があったにも関わらず実用化です・・・

 

それに鳩山さんのツイートがデマという扱いでしたが企業側としては「信用毀損」に当たらないのか?

 

鳩山さんがCCSのデマで訴えられたというツイートもないことから、まだ信用毀損にはなっていないのでしょうね。

 

いずれにしても、地震の多いこの時期にワザワザ地盤にCO2を圧入する意味が理解できない。

 

また、反対を唱える団体やメディアの存在が皆無なのもおかしい話である。

 

アメリカではCCS絡みの訴訟もあるし韓国では地熱発電の訴訟も

 

何ゆえに日本だけ平和的に地震を享受しなければいけないのでしょう。

 

中国よりもモノが言いづらい国になってしまったのだろうか。

 

それとも原発同様「金をかけたら」二度と取り消せないプロジェクトなのだろうか。

 

不思議な国である。

 

ちなみに日本CCSのホームページでは、お問合せメールの受信障害が発生したらしい

 

それは、そうですね。

 

道民の方の不安に対して肝心の回答がどこにも載っていない。

 

追伸・・・

 

先日メールでCCSの継続について確認したところ

2019年も継続して圧入するということらしい

 

内容は以下の通り

この度は、当社ホームページにお問合せを頂きまして、
誠にありがとうございます。

苫小牧CCS実証試験事業は、経済産業省から国立研究開発法人新エネルギー・
産業技術総合開発機構(NEDO)を通して弊社に委託された事業で、
北海道苫小牧市でCCSの実証試験を行っております。 
本事業は累計30万トンのCO2圧入達成に向けて
2019年度もCO2の圧入を継続しております。 
 
大変遅くなりましたが、宜しくお願い申し上げます。
 
日本CCS調査株式会社

 

丁寧な回答に感謝します

30万トンのCO2圧入が目標になっているよです。

現在の圧入量は分かりません

残りの量も分かりません。

何だか実証試験というよりも、このまま実用化しても国民は分からないでしょうね。

 

以下のリンク先ではCCS技術に関する記事が掲載されていますので気になる方は参考にしてください。

 

CCSプロジェクトによるリスクコミュニケーション 環境科学研究所

 

国会におけるCO2地下圧入実験の審議 平成19年10月31日

 

二酸化炭素貯留に地震を引き起こすリスク、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

日本地震工学会 ホームページ

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

日本の成長には子供が大切

平成29年度の人口調査では7年連続の減少

 

29年度の総人口は1億2670万6千人で前年に比べ22万7千人の減少

 

7年連続で人口が減少しているにも関わらず政府は長期の人口増のプランさえ作っていないようだ。

 

辛うじて幼稚園や保育園、高等学校などの無償化に取り組んでいますが、これも次選挙に向けたパフォーマンスのようであり、長期的な展望とまではいっていない。

 

高齢者のタンス預金を引き出すことは考えても新しい命を育む政策とはとても言えない状態である。

 

国の借金だけは人一倍、膨れ上がっているけどズブズブの借金体質にどっぷり浸かっていて当たり前のように国の債権額は膨れるばかり。

 

「破綻しました~」と言わなければいいんだよ、と開き直りともとれる借金大国である。

 

今回の無償化にしても以前から用意していた予算ではなくて消費税10%からの財源である。

 

行き当たりばったりの少子化政策が評価されることは少ないでしょう。

 

自分でも子供を育てた経験のある議員さんばかりだと思うのだが20年、30年と長期のプランが全然聞こえてこない。

 

アベノミクスが反映されて国民が潤ったという感想は微塵もない

 

次の総理には少子化対策を公約している人に一票を入れようと心から思う。

 

新しい内閣は国民投票で決めてみてはいかがだろう。

 

超党派と言われる与党・野党ごちゃまぜの内閣

 

その道のプロを大臣に選んで世界に通用する内閣を軌道に乗せないと日本はダメになる気がする。

 

政府と企業とのWinWinの関係にも飽きた。

 

政治家はあくまでも国民の代弁者でなければならない。

 

of the people,by the people,for the people

 

人民の人民による人民のための、政治である。